女性のミカタ 副作用

副作用の危険性はあるの?

月経前のイライラ、憂鬱、ヒステリー、
頭痛やむくみ、ニキビなどの
不快な症状のことを月経前症候群と言います。

 

月経前のおよそ2週間前から、
体内では黄体ホルモンの分泌が活発になるのですが、
この黄体ホルモンによる影響で、
さまざまな不快な症状が表れてきます。

 

月経前症候群は、
経験したことがある女性にしか分からないとても辛いものですが、
周囲から、特に男性からの理解がなく、
これがさらに月経前症候群の悩みを持つ女性を辛くさせています。

 

 

もっと手軽に体に安心の成分で月経前症候群を改善したい方には、
女性のミカタというハーブで作られたサプリメントがおススメです。

 

女性のミカタは、月経前症候群の治療にも実際に使用されている
チェストツリーなどの女性ホルモンバランスを整えてくれる
ハーブで作られたサプリメントです。

 

低用量ピルのような副作用の心配もなく、
長く続けることで、月経前症候群の改善が期待出来ます。

 

 

 

月経前症候群は、
現在のところ、明確な原因や治療法が確立されていません。

 

月経前症候群の症状を改善するためには、
生活習慣を見直したり、薬物療法で症状を緩和させるのが
一般的になっています。

 

薬物療法には優れた効果が期待出来るものの、
副作用があります。

 

月経前症候群の薬物療法である低用量ピルは、
避妊にも用いられている女性ホルモン剤です。

 

低用量ピルを服用すれば、
体のホルモンバランスを妊娠しているような状態にして、
排卵を抑制することが出来ます。

 

 

ピルは避妊効果の他に、
月経前症候群にも効果が期待出来ます。

 

確実な避妊をしたい方以外に、
生理痛や月経前症候群で悩む女性にも、低用量ピルは用いられます。

 

つまり、妊娠を望んでいる方は、
いくら月経前症候群が辛いからと言っても
低用量ピルを服用することは出来ないのです。

 

 

また、低用量ピルには、
倦怠感や頭痛、吐き気などの副作用もあると言われています。

 

しかし、最近の低用量ピルはホルモン量が抑えられているので、
これらの副作用の発生率も低くなっているようです。

 

低用量ピルを服用する場合には、
産婦人科を受診するか、
もしくは個人輸入で安く購入するという方法もあります。

 

低用量ピルを服用する場合には、
年に1回程度の定期検診をして、
副作用や体への異常が出ていないかを検査してもらうことが大切です。

 

 

>>サイトTOPページへ戻る

 

 

関連ページ

生理前のニキビに効果的な理由
女性のミカタはPMS対策のサプリメントです。初回注文時は980円で購入する事ができます。実際に女性のミカタを注文して使ってみた体験レポートもあるのでぜひチェックしてみてください。
女性のミカタはなぜむくみに効く?
女性のミカタはPMS対策のサプリメントです。初回注文時は980円で購入する事ができます。実際に女性のミカタを注文して使ってみた体験レポートもあるのでぜひチェックしてみてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ