PMS ピル

【PMS対策】ピルとの付き合い方について

PMS、いわゆる月経前症候群は、
経験した女性にしか分からない辛いものです。

 

イライラや気分の落ち込み、
頭痛やむくみ、肌トラブルなど
さまざまな症状がPMSで見られる症状です。

 

 

PMSの症状は、個人差も大きく、
ひどい人だと普段の生活にも支障が出てきます。

 

周囲からは、病気でもないのにサボっている、といった
目で見られるため、本人はとてもつらく、
さらにストレスが増してしまいます。

 

このように女性にはとても辛いPMSですが、
これを我慢する必要はありません。

 

PMSのことをよく知って、
正しく対処することで、
さまざまな症状を軽くすることが出来ます。

 

 

 

PMS対策では、
毎日の生活習慣の改善や見直しと、
さらに低用量ピルが役立ちます。

 

低用量ピルは、避妊のための薬としても有名です。

 

女性ホルモン剤である低用量ピルは、
体のホルモンバランスを妊娠状態にすることが出来る薬です。
つまり排卵を抑制することが出来るので、
避妊効果が期待できるのです。

 

ホルモン調整が出来るので、
PMSの症状緩和にも効果が期待出来ます。

 

 

低用量ピルは、産婦人科などで処方してもらえますが、
ホルモン含有量などは、
それぞれに違うので、自分に合うものを服用することが大切です。

 

ホルモン剤である低用量ピルは、
副作用も懸念されますので定期的な検査も必要。

 

以前よりもホルモン量が抑えられるようになった低用量ピルは、
安全性も高いとは言われていますが、
やはり医師としっかり相談して、慎重に利用することが大切なのです。

 

 

また、PMS対策では、
毎日の生活習慣の見直すことも必要です。

 

生理前になると甘い物が無償に食べたくなりますが、
血糖値を急激に上げる糖分には要注意!

 

一時的に気分を落ち着かせてくれる糖分ですが、
その後に血糖値が急激に低下するので、
かえって不安定になりPMSには悪影響です。

 

女性ホルモンを活性化してくれる
青魚やレバー類、
PMSの精神的な症状には、大豆製品や野菜が良いと言われています。

 

栄養バランスの良い食事は、PMS対策には必要なことですが、
ただ、甘い物が欲しくなるなど、
PMS対策には良くないとされる食べ物が食べたくなるのも事実です。

 

あまりにも我慢しすぎると今度は大きなストレスとなり、
これがPMSには良くありません。

 

 

精神的なPMS症状が現れやすい女性は
ストレスを溜め込みやすい傾向にあると言われています。

 

適度に体を動かしたりして、ストレスを溜め込まないことも
PMS対策には必要です。

 

低用量ピルなどもうまく利用しながら、
少しでもラクに過ごせるように工夫していきましょう。

 

 

>>サイトTOPページへ戻る

 


ホーム RSS購読 サイトマップ